そんなエッチな時代に便乗したお店

そんなエッチな時代に便乗したお店

投稿日:2014年11月6日 カテゴリ:風俗

渋谷区立松濤美術館は渋谷駅ハチ公口から109を経てBunkamuraを越えて首都高の手前にある美術館です。行きは緩い上り坂なのでキャリーパックを引きずって歩けば20分くらいかかるかもしれません。周囲は高級住宅街としても有名ですよ。ここから風俗街となると、ハチ公口を降り、道玄坂を登りその中腹にある百軒店にあるお店は、いやぁ、えっちなことが好きな人にとんでもない時代がやって参りました。 今や女の子が男性のカラダを求め迫る素晴らしい時代なのです。まさにゆとりエロ時代到来ということです。このようなお店はそれほどたくさんあるわけではないのかもしれませんが男性でもMの人は増えていますし、女性から攻めるいわゆる逆夜這いのシチュエーションは今ではイメクラの一つのパターンにもなっているくらい有名になりつつありますよ。日本全国風俗店は数あれど、””そんなエロ時代に便乗したお店は渋谷を含めてこれからどんどん広まっていくことでしょう。””